俺流ラノベの置き方

おはこんにちば!

最後のばって何だよ。んわって言えよ。二文字くらいガンバレよ。

さてさて、いきなりの話題転換ですが、俺はラノベが大好きです。
この前、月に何冊読んでるか計算してみたところ、何と!
30冊でした。

ちなみに、ナンとライスならナン派です。カレーを発明した奴はマジ天才。

一ヶ月が30日なので、ちょうど毎日1冊以上は読んでいる計算となりますね。
一日一善なんてもう古い。今の最先端は一日一読。奥さん、これですよ、これ。

で、ラノベを読む上で、発生する問題ってのもあります。

まずは、金銭面の問題。
大抵のラノベは千円以下で買えるとはいえ、塵も積もればなんとやら。
かなりの額をつかいます。
でも、まぁこの問題は簡単に解決します。
一休さんのとんちんかんちんもいりません。母上様、お元気ですか?

食費を削ればどうとでも解決します。
ついでにいうと、弁当がしょぼくても便所飯なので誰にも見られる心配がないしな。
やっぱ便所飯が最強だわ。挫けませんよ、男の子です。

そのほかにも、物理的な問題ってのもあります。
ラノベは本です。当然、保管場所が必要になってきます。

でも、本棚に入る冊数は決まっています。
毎月30冊も買っていたら、当然許容オーバー。
オーバーした本は、床に置くほかありません。

なので、部屋に積まれているラノベを見てたまに思います。
俺んちは、新刊発売日の書店かよ! と。平面展開しまくり。
何ならラノベでベッドを作れるレベル。そのままラノベッドと名付けるのはいかがでしょうか。
マルシーは「吉見英理」でお願いしますよ。

さすがに、掃除の邪魔になってきたので、今度の休みに本棚を買うことにしました。

そこで! 皆さんにお聞きしたい!
ラノベをどういう風に、本棚へ入れてますか?
レーベル別ですか? 著者別ですか? ジェイソンみたいに無差別ですか?
よければご意見お聞かせください。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

10 Responses to 俺流ラノベの置き方

  1. 弓那 says:

    ヤフー知恵袋でやれ

  2. 英理 says:

    ところで毛利よ、使い勝手がよくて安い本棚をネット通販で見つけたぞ
    買ってみたらどうだ?
    <このリンクはサーバー管理者によって削除されました>

コメントを残す