脱・趣味ラノベ

ちっす、俺です。

最近、ラノベを読むということ以外にも趣味を見つけようと思ってます。

多趣味は悪いという社会の風潮だが、俺はそうは思わない。

そもそも趣味というのは「心の向くところ」という意味がある。
わかりやすく解釈すれば「好きな物」ということだ。

好きなことが多いのは、本当に悪なのか?
そんな馬鹿な話があってたまるか!

好きという感情そのものが悪ならば、人類はここまで栄えない。
中国四千年の歴史なんていう単語が生まれることはなく、ロミオとジュリエットのような悲恋も起こりえない。

つまり、多趣味は正義であり、可愛いも正義である。
正義は俺が決める!

話を戻す。
趣味だ、趣味。趣味を探そう。

しかし、探しても探しても中々に見つからない。ウォーリーでも、もっと簡単に見つかんだろ。どんだけ潜んでるんだよ、忍者かよ。

そこで! 皆さんの力を借りたいと思います!

何か俺にあいそうな趣味ないですかね?

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

10 Responses to 脱・趣味ラノベ

  1. 弓那 says:

    アサガオの観察とかどうだ

  2. 英理 says:

    競馬、競艇、競輪

  3. says:

    フットサル、バンド、ツーリングとか?

コメントを残す